経堂茶会【ご報告】

経堂茶会が開催されました。

十五夜(中秋の名月)から2夜明けた、

満月の10月6日、

深まりつつある秋の一夜に

経堂茶会が行われました。

 

 

外は雨模様。

お月様を仰ぐことはできませんでしたが、

雨音をBGMに、

茶道裏千家準教授、徳永宗夕氏と

光のアーティスト日下淳一氏による、

幻想的な灯りがともりました。

 

待合。

掛物は、屋久杉に掲げられた

西松幹浩さん作

結果自然成」。

 

 

 

明るい灯りで

点心とお菓子を召し上がっていただきました。

 

そして、本席へ。

仄かな灯りがともります。

床。

 

 

掛け軸は、西松幹浩さん作

秋風一夜百千年

時代物の竹に秋海棠 。

 

日下淳一さんにより設えられた、

時代物の窯、風炉先、風炉。

 

 

仄かな灯りの中、

茶道裏千家準教授、徳永宗夕さんによる

中置のお点前が振る舞われました。

 

手元を照らすのは、

光る茶筅

 

所作に合わせて光・音・香が舞います。

 

かすかに見える光、所作の音、お香の香、お茶の甘味、お茶碗の質感・・・

静寂の中、五感が研ぎ澄まされます。

 

光る茶筅や手元の灯りを使ってのお道具の拝見もまた一興。

風炉先、風炉、茶器、茶杓、蓋置は日下さん作。

 

 

そして、扉を開けていただくと・・・

「わぁ~」と歓声。

 

竹灯篭がみなさまをお出迎え。

 

 

ひとつひとつ、異なる輝きを放ちます。

 

 

ご希望の方には、日下さんお手製の箱と共に

お譲りしました。

 

御足元の悪い中、

ご参加いただいたみなさま

徳永さま、日下さま、西松さま、

その他、見守ってくださったみなさま、

ありがとうございました。

 

 

(冒頭及び光る茶筅 Photo by Junichi Kusaka)

コメントをお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください