だれかのなにか

名知聡子さんと西山弘洋さんによるグループ展

だれかのなにか」展より

展示されていたアクリル板の一部と図録が届きました。

あいにく管理人は伺えなかったのですが、

お二人の「実験」ともされる創作活動と作品を

図録を通して感じることができ、

 

また、来訪者の経験と共に創り上げられたという

アクリル板の勢いある筆跡を目の前にすると

一気に臨場感が高まります。

 

 

図録と合わせて、

 

名知聡子さんのドローイング。

 

西山弘洋さんのドローイング。

 

初夏にふさわしい爽やかな色彩。

 

経堂アトリエで

みなさまをお待ちしております☆

 

コメントをお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください