Roy Taro展「翡翠の太陽、やってくるもの」【★終了しました】

 

Roy Taroさんによる個展が始まります!

『翡翠の太陽、やってくるもの』 Roy Taro個展

 

 

 

●ステートメント、翡翠の太陽について

 

2021年1月1日、街の丘から日の出を見ました。

遠くにかすむ山々と透明な陽の光が見えます。

初 日の出はきれいな金色の光線でした。

その金色の光は私の記憶の中で、翡翠色に変化していきま す。

翡翠の太陽がかがやく世界は私の内側にあります。

私は翡翠色の太陽を描くことで、日々生き るこの世界と私の内側の世界が、

どのようにつながるのかを考えます。

二つの世界は橋でつながっ ていて、翡翠の太陽がある世界を描くことで、

私は橋を行き来します。

私は翡翠の太陽を通し、私 たちの内側で生命が力をもち、

日々高まっていくという感覚を表現しています。

 

●この展示について

 

本展示では、ドローイングが中心となります。

在廊時に私が制作を行い、展示は常につくりかえら れていきます。

展示が生き物のように姿を変えていくことに意味があります。

ひとつとして同じ日 がないように、展示空間も日々姿を変えていきます。

この展示が皆さんの生活の中で意味をもつよ うなものになれば幸いです。

 

●プロフィール

 

Roy Taro (ロイ・タロー)

東京都町田市出身。

2016年に早稲田大学法学部卒業。

大学の最終年次に、ミクロネシアのヤップ島を訪れる。

南国の島で2週間、大自然の中で島民と同じように暮らした体験をきっかけに、

自分が進む道はアートだと考えるようになった。

2017年から写真と詩による表現活動を始め、2018年に絵画を始める。

2020年にフランスの『Ré-enchantement 』 (コロナの医療現場へアートを届けるプロジェクト)、

『ルクセンブルク・アート・プライズ』に参加。

現在は「Life Poesy、詩としての生」というテーマのもと絵画、詩によって制作を行う。

 

●来歴

1994年 東京都町田市出身

2016年 早稲田大学法学部卒業

 

●展示

2021.2 オンライン個展『Inner Kingdom』, JCAT

2021.9 二人展『Life Poesy』, Chin Gallery, 東京

 

●活動

2020.7 *Ré-enchantement 参加,

フランス (*コロナ下の医療シーンへアートを届ける活動)

2020.9ルクセンブルク・アート・プライズ 参加

2021.11-2022.2 東京で(国)境をこえる会 参加

 

●Website

URL: https://ja.roytaro.com

 

●Instagram

ID: @roy_taro
URL: https://www.instagram.com/roy_taro/

 

 

※フライヤーPDFはこちらから

211210-Roy Taro

イベント概要

開催日時 2021年12月10日(金)〜2022年1月16日(日)plum caféの開いている時間及びご予約にて
主催 経堂アトリエ
入場料 無料

コメントをお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください