A Bird Flying To The Sea 海へゆく鳥【★終了しました】

翡翠の太陽が輝く世界を描く画家のRoy Taroが、

経堂アトリエで大作の公開制作を行います。

絵画が描かれる過程を見て楽しんでいただければ幸いです。

Roy Taro プロフィール

 

Roy Taro (ロイ・タロー)

 

東京都町田市出身。

2016年に早稲田大学法学部卒業。

大学の最終年次に、ミクロネシアのヤップ島を訪れる。

南国の島で2週間、大自然の中で島民と同じように暮らした体験をきっかけに、

自分が進む道はアートだと考えるようになった。

2017年から写真と詩による表現活動を始め、2018年に絵画を始める。

2020年にフランスの『Ré-enchantement 』 (コロナの医療現場へアートを届けるプロジェクト)、

『ルクセンブルク・アート・プライズ』に参加。

現在は「Life Poesy、詩としての生」というテーマのもと絵画、詩によって制作を行う。

 

●来歴

1994年 東京都町田市出身

2016年 早稲田大学法学部卒業

 

●展示

2021.2 オンライン個展『Inner Kingdom』, JCAT

2021.9 二人展『Life Poesy』, Chin Gallery, 東京

2021.12 個展『翡翠の太陽、やってくるもの』,経堂アトリエ,東京

2022. 個展『翡翠の太陽』.Gallery TK2,東京

 

●活動

2020.7 *Ré-enchantement 参加,

フランス (*コロナ下の医療シーンへアートを届ける活動)

2020.9ルクセンブルク・アート・プライズ 参加

2021.11-2022.2 東京で(国)境をこえる会 参加

 

●Website

URL: https://ja.roytaro.com

 

●Instagram

ID: @roy_taro
URL: https://www.instagram.com/roy_taro/

 

 

****************************************

今後Roy Taroは、経堂を拠点とする活動を俳優のオガワジョージと企画していきます。
本展では、こうした企画の制作も行います。

オガワジョージ プロフィール

俳優

2019年から活動を始め、地域密着型一人演劇ユニット『赤キノコ山と蒸したお酢』として

「地域に開いた演劇」を目指す。その土地に住むクリエイターと一緒に、

住んでいる人・訪れる人に向けて「ならでは」の表現を行う創作企画create model けい を進める。

経堂アトリエでは3月28日~4月3日まで「人間賛歌 第1場 人」を展示。

5月30日(月)~6月5日(日)に「人間賛歌 第2場 間」を開催予定。

 

HP:https://l09jupeck.wixsite.com/mushvinegar

 

Roy Taro展「翡翠の太陽、やってくるもの」【★終了しました】

 

展示ノート

「ほんのちょっとしたこと」をささえるもの

イベント概要

開催日時 2022年4月17日(月)~5月25日(水)plumcaféの開いている時間またはご予約にて
主催 経堂アトリエ
お問い合わせ

ご来場の際はご予約をお願いいたします。

 

会場 経堂アトリエ1階 plum gallery
参加費 無料
企画・制作 Roy Taro

コメントをお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください